ヘッダー

ヘレスフェスティバルまであとちょっと

2013.11.15 Friday

0
    もうすぐフェスティバル・デ・ヘレスですね!といっても、2月末からですが。でも毎年この時期をとても楽しみにして1年頑張ってるので、色々なプログラムも発表されて、気分的にはもうすぐ。

    このヘレスフェスティバルはおそらくフラメンコのフェスティバルの中では最も大規模で、世界中からフラメンンコダンサーや愛好家がやってきて、昼間はクラス、夜は公演というフラメンコファンにとっては夢のような2週間。

    私はここ数年毎年行っていて、ヘレスフェスティバルの前後合わせて2ヶ月くらい行っています。

    ヘレスフェスティバルではたくさんの素晴らしい先生がクラスをしているのですが、去年習った先生を勝手にご紹介♪

    まず私の大好きな先生Rafaela Carrascoのレッスン。



    Rafaelaはずっとyoutubeなどでしか見た事がなくでも、その体や腕の使い方の美しさから是非習ってみたいと思っていた先生。申込が開始してすぐに申し込んだので超人気の先生だけどクラスをとることが出来ました。

    写真はコースを終了後の修了書授与のときの写真。



    実際に見るRafaelaは他のフラメンコの女性の先生とちょっと雰囲気が違ってとてもエレガントで品を感じられる女性という感じ。ノーメイクなのに美人。そして何故かとても頭の良さを感じられる先生でした。あ、でも踊るととてもハンサムな感じがしてそれもまた好き。ときには男前にかっこ良く、でもときには美しく、女性らしく、クラシック的な要素もあり、コンテンポラリー的要素もある彼女の踊りが大好きです。

    レッスンの時間配分、内容、レッスン中に発する言葉その全てに彼女は頭がいいんだなぁというのを感じました。

    レッスンの雰囲気はどちらかというと厳しめ。そして目につく生徒や上手な生徒にしか声をかけない感じ(スペインでは至って普通だけど)?それだけにRafaelaに「こうしなさい」と声をかけられたとき、みんなの前で「今の一人でやってみなさい」と言われたときは、まるでアイドルに声をかけられた気分でとても嬉しくて、その日は1日中ルンルン気分でした{ハート}

    踊りの振りはそんなに進みません。今回はレトラ1つで終わったし。でも私はそれがとても良かった。「振りを覚えなければ!」という焦りを感じることなく、彼女の体の使い方やコンパス感、表現方法の等ををじっくりと学べたので、私にとっては収穫がいっぱいあって、また来年彼女のクラスがあったら絶対取りたいと思っています。なので振りをもらいたい、という方にはオススメしません。

    Rafaelaがあまりにも素敵すぎて、残りのスペイン生活も彼女のレッスンを受けたい!と思ってどこでクラスをしているのか聞いたら、やはり世界中での公演などで忙しくて現在は短期のワークショップベースでしか教えてないみたいですごく残念{グズン}

    そしてフェスティバル中に劇場で見た今回の公演も本当に素敵でした。



    美しすぎて一人大興奮。素晴らしいものを見て、今年1年ももっともっと頑張ろうと心に誓いました!


    最後のこの写真は今年の公演ではありませんが、美しいので載せてみました。



    彼女に一歩でも近づけるように、北京で頑張ります!そして来年もまたラファエラ・カラスコのクラスを取りました!楽しみだな★
    コメント
    コメントする