ヘッダー

2年に一度のフラメンコの祭典Bienal(ビエナル)

2014.10.05 Sunday

0
    セビージャにて2年に一度行われるフラメンコの祭典ビエナル、今日で閉幕です。なんと1ヶ月間にも渡って行われるんですね。

    元々今年は行く予定だったのに、5月に妊娠がわかり行けなくなってしまいました(泣)毎年行っているフェスティバル・デ・ヘレスも行けないのですごく寂しいですが、でも今も毎日のようにレッスンしているし、出産をしても素敵なフラメンコダンサーがスペインにはいっぱいいるので、私も頑張りたいと思います!

    さて、今年のビエナル。衣装を見ていると水玉、花柄よりも一色のドレスにディテールで遊ぶ、という感じのものが多いですね。


    衣装はここ数年シンプルなものが流行っているみたいですね。でも、一色の衣装にたくさんのフレコをあしらった衣装って素敵です。特にフレコがあると踊ったとき、写真を撮ったとき、躍動感が出て本当に素敵です。

    もうすぐ当店Mi Tesoroでもスペインから仕入れたフレコを販売します!色も豊富に揃えていますので、HPにアップされるまで今しばらくお待ちください!



    あぁ、それにしても写真を見てると行けなかったことが本当に残念で仕方ない。セビージャのビエナルにはかつて習った事のある大好きな先生たちがいっぱい出演していて、やっぱりYoutubeなどの動画で見るのと、実際の舞台を見るのとでは伝わってくるものが全然違います。



    前回のビエナルから始まったフラメンコのFlashmob(フラッシュモブ)、今年の振り付けはパストーラ・ガルバンでブレリア。セビージャ時間の午後1時に世界同時進行で踊るこのフラッシュモブ。私が不思議でならないのはフラメンコ不毛の地、私が住む中国は北京でも大々的に行われて、去年はスペインのテレビ局"tele5"でもその様子が流れて、すごく楽しかったのに、こんなにフラメンコの盛んな日本では一切やっていないっていうこと。



    前回のビエナルの時は世界各都市のフラッシュモブの動画をアップするサイトがあって、ローマ、パリ、ロンドン、メキシコシティ、上海、北京などなど本当に世界中からの動画が集まって面白かったのに、日本はなし!!なぜー??なぜなのー??そして今年もフラッシュモブの呼びかけはどこにもなく、、、何だか寂しい限りです。



    こちらではフラッシュモブが近づくと各教室で無料のフラッシュモブの振り付け講座まであるのに、日本にはそういったものもなく、全く盛り上がってないというのが不思議でなりません。



    是非2年後のビエナルでもフラッシュモブがあったら日本でもやりたいですね!



    1ヶ月に渡るフラメンコの祭典が今日で終わるかと思うと何故かちょっと寂しい今日この頃の私でした。

    ちびっこフラメンカたち♪

    2013.11.12 Tuesday

    0
      私の可愛い可愛い子供クラスの生徒ちゃんたちでーす!小学校1年生から6年生までが同じクラスでフラメンコレッスンを頑張っています。

      ほら、みんな腕の形もとっても綺麗でしょ!?私の自慢の生徒ちゃんたちです。



      そしてもうすぐ、ミニ発表会があり、衣装が少しずつ出来上がって来ました。



      こちらのブラウスとスカート共に当店Mi Tesoroにてオーダーメイドしたものです。中にTシャツを来ているので形が綺麗に見えませんが、同じ形の色違いである黒のブラウス(下の写真)を見るとイメージがつかめるかな?



      こちらの赤と黒の衣装はファンダンゴ用です。しかもびっくりなことにこちらの衣装は写真の6年生3人組がデザインした衣装。ちゃんと絵まで書いてくれて、こんなのがいいなぁと考えてくれて感激。しかもオーダーメイドで作るのでボランテ何段、どこに水玉を入れる入れない、などぜーんぶ希望を叶えることが出来ます。

      あ、ちなみに真ん中の青いレッスンファルダも当店Mi Tesoroで作成したものです。でも、人気過ぎてすぐ生地がなくなってしまって残念。



      近々レッスン用以外にもこのような発表会やライブ用の衣装のオーダーメイドも当店Mi Tesoroで始めます。サイト上になくてもこんなのを作りたい、値段が知りたい!などありましたら当サイトのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

      さて、ミニ発表会まで1ヶ月ちょっと頑張るぞー!!




       

      スペイン国立バレエ団が北京にやってきた!

      2013.11.08 Friday

      0




        去る11月2、3日国家大劇場にてスペイン国立バレエ団のショーがありました。北京に来るのは3、4年ぶりくらいかな?



        スペイン国立バレエ団といえば、若干35歳のアントニオ・ナハーロが芸術監督に就任したばかり。以前から評判は聞いていたのでとっても楽しみでした!このアントニオ・ナハーロはフラメンコ界で有名なだけでなく実はフィギュアスケートのステファン・ランビエールなどの振り付けなども担当していて、若き鬼才と呼ばれている男性。



        しかも私の北京での師匠であるスペイン人Javierが、なんとそのアントニオ・ナハーロの教え子だったということで私たちのフラメンコスタジオ『Portacones』の生徒さんたちが特別に許可されてリハーサルを見れるということになり、その後みんなでショーを見てきました。







        こちらは私の師匠Javierのクラスで共にレッスンを受ける仲間たち。カナダ人のクララはカナダでも有名なフラメンコダンサー、韓国人のイザベルは元バレエダンサー、ご主人のスペイン駐在時代からフラメンコを初めて早15年。イタリア人のラウラも10年以上スペインに毎年修行に行っている素敵な女性。そしてみんなご主人の駐在で北京に住んでいるわけです。



        そんな素晴らしいダンサーたちでも未だにレッスンを受けていて、日々努力しています。私もそんな彼女たちと毎日のように一緒にいれてとっても刺激になります。そしてこのメンバーで北京や地方でショーをやったりして、ここ最近とっても楽しいです。たった3年くらい前まではフラメンコ教室すら存在しなくて寂しい思いをしてたときとは大違い。







        そしてこちらはフラメンコ教室Portaconesの生徒の皆さん。中央の緑のニットを来ているスペイン人女性はスペイン国立バレエ団のプリンシパル。



        私はアンダルシアの純粋なフラメンコが好きですが、こうやってバレエのテクニックを使ってフラメンコを踊るクラシコエスパニョールも洗練されてて綺麗だなぁって改めて思います。



        また北京に素敵なショーがやってくるといいなぁ。



         
        1