ヘッダー

Amor de dios(アモール・デ・ディオス)

2014.11.20 Thursday

0
    11月になり、だんだん寒くなって来ましたね。前回までヘレスフェスティバルについて書いてましたが、今回はフラメンコをやっている人なら一度は行ってみたいマドリッドにあるフラメンコ学校(?)Amor de dios(アモール・デ・ディオス)について少し書きたいと思います。

    私は毎年ヘレスフェスティバルに行くついでにフェスティバル前、又は後にセビージャかマドリッドの教室に毎年トータルで2、3ヶ月通っていました。

    マドリッドにあるこのアモール・デ・ディオスは非常に多くの有名アーティストを排出してきた教室です。大小15くらいの教室があり、各先生がその教室でクラスを行っています。

    場所はマドリッドのAnton Martin(アントンマルティン)という駅のすぐ近く、なんとメルカドの上にあります。



    メルカド(市場)を上に上がると入り口があります。こちらがその入り口。



    中に入ると掲示板があり、こんなにたーーーくさんのクラスの情報がここに貼ってあります。もちろん全てこのアモール・デ・ディオスで開かれているクラスです。ここから自分に合う先生、時間帯を探し、直接教室に行ってそれぞれの先生に直接お金を払うシステムです。学費は日払いも出来ますが、大体週単位で払う方がお得になります。



    奥には更衣室があります。



    シャワーも完備なので、汗だくで帰りたくない場合はここでシャワーを浴びてから帰る事も出来ます。



    これが教室。意外とボロボロだったり、埃っぽかったりします。これはクラス前に皆で練習をしているところの写真。



    教室は空いていれば借りて練習することも出来ます。大小によっても値段は違うのですが、小さいお部屋で大体4−7ユーロくらいだったかな?もちろん大きなお部屋はもっと高いです。入り口入ってすぐに受付があるので、そこで空いているお部屋を確認、予約します。



    セビージャは色んなところに教室が点在していて、同じ教室に習いたい先生がいるならいいのですが、違う教室となると家と教室と教室を歩かねばならず結構時間が取られます。また練習スタジオも別にあるので、結構時間ロスが多いのですが、マドリッドの便利なところはアモール・デ・ディオスでレッスンから練習まで全て済んでしまうこと。また徒歩3分くらいのところにあの有名なタブラオ「Casa Patas」もあって、レッスン後タブラオに行ってすぐショーを見る事も出来るし、casa patasにはアモール・デ・ディオスよりもお得な練習スタジオもあるんですよ。

    今回はこの辺までにして次回は更に詳しいAmor de dios(アモール・デ・ディオス)情報や先生たちの情報を書こうと思います。

    ★フラメンコ衣装、レッスンファルダのオーダーメイドやってます!是非見てみてください★
    Mi Tesoro→  (http://mitesoro.shop-pro.jp)


     

    ヘレス・フェスティバル期間中、どう過ごしているか

    2014.11.01 Saturday

    0
      毎年2週間に渡って行われるFestival de Jerez(ヘレス・フェスティバル)ですが、レッスンを受ける以外にどんな過ごし方をしているかについて今日は紹介してみたいと思います。

      まず朝起きたら朝ご飯。私は毎年ピソや短期滞在用のアパートメントを借りて友人数人とまさにフラメンコ合宿状態。朝ご飯は時間の有る人、朝からレッスンのある人が作ります。



      朝からボリュームたっぷりの朝ご飯。だって、食べないと本当にもたないんだもん。食材は市内にあるウォルマートなどのスーパーで全部調達。私は大抵毎日2クラスとっていて、間の休みは移動に時間を取られご飯を食べる時間がなかったことが多いので、2クラス(しかも1クラス2時間ちょっと)のレッスンに耐えられるようとにかく朝はいっぱい食べます!

      朝からクラスをとっていると午後2、3時にはレッスンが終わってピソに帰れるので、ご飯は外で食べたり、ピソで誰かが作ったご飯にあやかったりして、その後お昼寝したり、休んだりして、練習スタジオで1時間自主練。

      でも意外とこのお休み時間に汗まみれのレッスン着を洗濯機で洗って干すという作業があって結構忙しい。そして夜ご飯は朝ご飯を作ってない人や、その日の気分で作りたい人、時間の有る人が作ります。本当は外で食べたいけど、スペイン、特に南の方の人は食事の時間がとーっても遅いんです。

      レストランがオープンするのはどんなに早くても8時半。でも、8時半に開くレストラン、ほとんどありません。大抵は9時から。でも毎日夜9時からテアトロ・ビジャマルタという劇場でショーがあるのです。クラスを申し込むと自動的にこの劇場のショーがついてきます。



      9時からショーを見ると終わるのは10時半とか11時頃。だから、ショー前にご飯を食べようと思ったら自炊しかないんです。なので日によって軽めに食べて、ショーが終わってからレストランに繰り出して美味しいものを食べたりしてました。あ、でも軽く食べるくらいで十分な方だったらバルは空いているのでそこで食べる事も出来ます。

      でも私は大食いなので、バルのご飯じゃ全然お腹いっぱいにならない!なので、ピソで食べてからショー後にまた食べるっていうパターンが多かったかな。バルのご飯はお酒のおつまみ的な感じなので、めっちゃおいしーい!というものは正直そんなに多く有りませんが、レストランの食事はおいしいものがいっぱい!



      値段も安いし、是非ヘレスでいっぱい美味しいものを食べてくださいね!

      そしてヘレスフェスティバルはこの毎日夜9時からのショーだけじゃありません。


      その後には更に夜12時からとか、夜中1時からのショーもあるんです。種類によって無料だったり有料だったり。



      この写真はヘレスの某タブラオのひとつ。夜中の12時、1時から始まるといって、スペインなだけにその時間ぴったりに始まることはありません。大抵は30分から1時間遅れてのスタート。

      ですので、終わる頃には既に夜中の2時、3時なんていう毎日です。



      比較的夜でも安全なので(もちろん気を付けた方がいいですが)徒歩で家に帰ると就寝は4時だったり、明け方だったり。なので、朝早いレッスンは正直結構大変なので、私はなるべくお昼位からのレッスンを取るようにしています。


      それ以外に空いた時間にはフラメンコの衣装を見に行ったり、当ショップMi Tesoroの衣装や小物の参考になるものを見に行ってデザインを考えたり、ヘレス観光に出かけたり、本当に毎日があっという間に過ぎて行きます!

      なので、レッスンは多くとも2クラス、本当は1クラスだけとってちょっと時間に余裕があるくらいの方がヘレスを存分に楽しめる気がします。

      こうしてブログ書いてたらヘレスに飛んで行きたくなりました。来年ヘレスに行かれる方は是非楽しんでくださいね!!

       

      最近のお客様衣装例

      2014.10.27 Monday

      0
        夏も終わり、もう季節はすっかり秋ですね。秋は天気も過ごしやすくて美味しいものがいっぱいでいいですね!

        さて、久々にお客様衣装例をご紹介します。当サイトMi Tesoroで最近多いのがベロアの衣装。ベロアって生地自体に高級感があって、ライトの具合で色の出方が違ったりして、ステージで着てても存在感があってとても素敵ですよね!特にシギリージャやソレアなどにはベロアってすごく合いますよね!

        さて、今日ご紹介するのは私が北京でフラメンコを教えていた教室&一緒に活動していたグループPortaconesの衣装から。
        こちらはスペイン人先生Yolandaが夏のショー用に作ったMi Tesoroで作ったベロア生地の衣装です。

        少し浅めの紫色のベロア生地に襟はスクエアネック、ワンピースで6段ボランテです。とっても素敵!!



        ショーの中ではフレコを付けて違うイメージにしてみたり、ワンピースだけを着て更にイメージを変えてみたりしていました。



        こちらの写真で後ろでパルマを叩いているのがYolanda。この時は赤いフレコを付けています。舞台でも存在感がありますよね!



        私は事情があり、日本にいてこのショーに携わる事が出来ず残念。でも私の変わりに華やかな衣装が役に立ったので良かった、良かった。

        Mi Tesoroはオーダーメイドで衣装を作るので、ベロアの生地なら色も好きな色を選んで、襟、袖のフリル、ボランテの段数まで自由に選んで頂くことが可能です。お値段は衣装の形や装飾の華美さにもよりますが、一着おおよそ3〜4万円でオーダーメイドをすることが出来ます。

        よろしければ参考までにこちらのページをご覧ください→ベロアの衣装参考例

        秋は発表会のシーズンでもありますね!群舞などで使用の場合は着数によって割引も行っております。衣装の数が多ければ多い程割引が可能ですので、詳しくはサイトの質問フォームからお気軽にお問い合わせください!

        最近のお客様衣装例

        2014.10.27 Monday

        0
          夏も終わり、もう季節はすっかり秋ですね。秋は天気も過ごしやすくて美味しいものがいっぱいでいいですね!

          さて、久々にお客様衣装例をご紹介します。当サイトMi Tesoroで最近多いのがベロアの衣装。ベロアって生地自体に高級感があって、ライトの具合で色の出方が違ったりして、ステージで着てても存在感があってとても素敵ですよね!特にシギリージャやソレアなどにはベロアってすごく合いますよね!

          さて、今日ご紹介するのは私が北京でフラメンコを教えていた教室&一緒に活動していたグループPortaconesの衣装から。
          こちらはスペイン人先生Yolandaが夏のショー用に作ったMi Tesoroで作ったベロア生地の衣装です。

          少し浅めの紫色のベロア生地に襟はスクエアネック、ワンピースで6段ボランテです。とっても素敵!!



          ショーの中ではフレコを付けて違うイメージにしてみたり、ワンピースだけを着て更にイメージを変えてみたりしていました。



          こちらの写真で後ろでパルマを叩いているのがYolanda。この時は赤いフレコを付けています。舞台でも存在感がありますよね!



          私は事情があり、日本にいてこのショーに携わる事が出来ず残念。でも私の変わりに華やかな衣装が役に立ったので良かった、良かった。

          Mi Tesoroはオーダーメイドで衣装を作るので、ベロアの生地なら色も好きな色を選んで、襟、袖のフリル、ボランテの段数まで自由に選んで頂くことが可能です。お値段は衣装の形や装飾の華美さにもよりますが、一着おおよそ3〜4万円でオーダーメイドをすることが出来ます。

          よろしければ参考までにこちらのページをご覧ください→ベロアの衣装参考例

          秋は発表会のシーズンでもありますね!群舞などで使用の場合は着数によって割引も行っております。衣装の数が多ければ多い程割引が可能ですので、詳しくはサイトの質問フォームからお気軽にお問い合わせください!

          最近のお客様衣装例

          2014.10.27 Monday

          0
            夏も終わり、もう季節はすっかり秋ですね。秋は天気も過ごしやすくて美味しいものがいっぱいでいいですね!

            さて、久々にお客様衣装例をご紹介します。当サイトMi Tesoroで最近多いのがベロアの衣装。ベロアって生地自体に高級感があって、ライトの具合で色の出方が違ったりして、ステージで着てても存在感があってとても素敵ですよね!特にシギリージャやソレアなどにはベロアってすごく合いますよね!

            さて、今日ご紹介するのは私が北京でフラメンコを教えていた教室&一緒に活動していたグループPortaconesの衣装から。
            こちらはスペイン人先生Yolandaが夏のショー用に作ったMi Tesoroで作ったベロア生地の衣装です。

            少し浅めの紫色のベロア生地に襟はスクエアネック、ワンピースで6段ボランテです。とっても素敵!!



            ショーの中ではフレコを付けて違うイメージにしてみたり、ワンピースだけを着て更にイメージを変えてみたりしていました。



            こちらの写真で後ろでパルマを叩いているのがYolanda。この時は赤いフレコを付けています。舞台でも存在感がありますよね!



            私は事情があり、日本にいてこのショーに携わる事が出来ず残念。でも私の変わりに華やかな衣装が役に立ったので良かった、良かった。

            Mi Tesoroはオーダーメイドで衣装を作るので、ベロアの生地なら色も好きな色を選んで、襟、袖のフリル、ボランテの段数まで自由に選んで頂くことが可能です。お値段は衣装の形や装飾の華美さにもよりますが、一着おおよそ3〜4万円でオーダーメイドをすることが出来ます。

            よろしければ参考までにこちらのページをご覧ください→ベロアの衣装参考例

            秋は発表会のシーズンでもありますね!群舞などで使用の場合は着数によって割引も行っております。衣装の数が多ければ多い程割引が可能ですので、詳しくはサイトの質問フォームからお気軽にお問い合わせください!